炭水化物ダイエットの魔法【糖質を摂取し過ぎない肥満防止テク】

常識を覆すダイエット法

女性のウエスト

好きなものでもダイエットのために我慢するという従来の食事制限ダイエットの常識を覆すとして注目されているのが、低炭水化物ダイエットです。炭水化物の摂取量を抑えることにより、痩せやすい体質にすることが出来ます。

More Detail

糖質の摂取量を調節

ダイエット

糖質の摂取量を1日100gほどに抑えるという炭水化物ダイエットによって、肥満や糖尿病になりにくくなります。糖質は穀物が原料となっている食品に多く含まれているため、含まれている量を把握した上で、食べる量を調節するわけです。低糖質の健康食品を主食として利用することも効果的です。

More Detail

ダイエット臭とは

野菜を持つ女性

過激な炭水化物ダイエットは、体に負担をかけるだけではなく、ダイエット臭という間違ったダイエットを行うことで発せられる体臭に悩まされる可能性もあります。ダイエット臭がしたら、ダイエット方法を見直しましょう。

More Detail

炭水化物の少ない食品

スイーツを持つ女の人

肥満の回避のために

現在では、パンやパスタなどを食べる人が多くなっていますが、これらには小麦粉が材料として使われています。小麦粉の主成分は炭水化物なので、これらを食べすぎることは、炭水化物を多く摂取することにつながります。炭水化物は、消化されることで糖質として体に吸収されます。糖質を摂取しすぎると肥満になる可能性が高くなるので、それを回避するためには、炭水化物ダイエットをすることが大事となります。炭水化物ダイエットとは、炭水化物の少ない食品を選んで食べるという、一種の食事制限ダイエットです。とはいえ、パンやパスタを好物としている人は多くいます。そのような人に注目されているのが、糖質制限食です。糖質制限食には、小麦粉をあまり使わずに作られているパンやパスタもあるのです。好物を食べながらでも炭水化物ダイエットができるため、需要が伸びていく予想されています。

小麦のふすまが原料

糖質制限食が、具体的に何を使って作られているかというと、多くの場合は小麦のふすまとなっています。小麦は、米と同じように一粒一粒が薄い皮に包まれています。そしてその皮の部分が、ふすまです。小麦粉はふすまを除去した上で作られているのですが、糖質制限食の多くは、このふすまを含めた状態で作られているのです。ふすまが入る分、炭水化物の割合が減るというわけです。ふすまは、その大部分が食物繊維となっています。そして食物繊維には、糖質の吸収率を下げる効果があります。そのためふすまが使われている糖質制限食を食べると、そこに含まれている糖質が体に吸収されにくくなり、より効率良く炭水化物ダイエットを進めていくことができるようになります。さらにふすまにはカルシウムや鉄分も多く含まれているので、栄養補給をしながらの炭水化物ダイエットができるという点でも、高く評価されています。